アンチエイジングに効果的な美容整形|年齢なんかに負けない美肌

女の人

顔全体を引き上げる手術

カウンセリング

頬や首元のたるみはフェイスリフトにより改善することが出来ます。アンチエイジングの効果がある美容整形術の1つであるフェイスリフトは、ほうれい線や頬のたるみに効果的な美容法です。皮膚自体を引き上げるという方法の手術が行なわれるので、肌のハリを取り戻したい時にも最適なアンチエイジング法であるとして、女性を中心に多くの人から注目されているアンチエイジング法です。年齢を重ねると顔全体がたるんでくるため、どうしても頬や首元のたるみが目立ってしまうものでした。しかし、フェイスリフト手術で顔全体をしっかりと引き上げることで、元気な印象の表情になれます。フェイスリフトと言っても各部位によって手術時間や費用は異なるので、細かい術法は医師に尋ねてみることも大切です。

頬がたるんでしまうのは、肌の表面の水分が失われてしまうことも原因として挙げられます。しかしそれが主原因ということではなく、たるみの主な原因は表情筋の弛緩、そして皮下組織の劣化だと言えるでしょう。年齢を重ねていくと筋力が衰えていくのは仕方のないものですが、足腰の筋力だけでなく、表情筋も徐々に痩せてしまいます。そうなると頬や首元の皮膚や脂肪が重力に負けてしまい、たるみとなって目立つようになるというわけです。老けた印象をもたらすたるみを改善するには、美容整形クリニックでフェイスリフトの手術を受けるか、脂肪吸引をするなどして対応するのが効果的でしょう。脂肪吸引とフェイスリフトを同時に行なうことも出来ます。髪の生え際やこめかみ辺りに傷跡が残る可能性がありますが、よく見てみないと気付かないようなレベルであるケースがほとんどです。アンチエイジング効果のある美容整形の中でもたるみ除去は人気があり、効果もすぐに出ることから手術を希望する人は多くなっています。

アンチエイジング法として人気があるフェイスリフトは、メスを使用する方法と使用しない方法の二つに分類することが出来ます。メスを使用する場合、たるみ部分の余分な脂肪や皮膚を切除した上で、顔全体を引き上げるという手術が一般的です。脂肪と皮膚を直接切除するだけでもたるみの改善になるので、印象はすぐに若々しくなるでしょう。しかし、メスを使用によって顔に傷跡が残ることになります。現在多くの美容整形クリニックで行われるフェイスリフトは技術が向上したこともあり、傷はほとんど目立たないと言えるのですが、それでもやはり顔に傷跡がついてしまうのは抵抗があるという人が少なくありません。こめかみ部分など、髪をかき上げてよく見てみなければ分からないような傷跡ですが、それでも心配な場合にはメスを使用しないフェイスリフトを選択するのも良いでしょう。専用の医療用の糸によって顔の皮膚を引き上げるという方法で、傷跡も全く残らないということで人気を高めています。メスを使用するフェイスリフトに比べると効果は少々物足りなさを感じますが、それでも十分にアンチエイジングに最適です。糸は1年や2年ほどで自然に体内に吸収されるタイプのものが利用されますが、引き上げ効果自体はしばらく持続します。たるみが気になるのであればフェイスリフトを試してみると良いでしょう。